やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言


最新記事


最新コメント


検索フォーム


リンク


まとめ
DATE: CATEGORY:つれづれに思うこと
実は5月に母が心臓の手術を受けました。

もともと体が丈夫な人で、70近くになるまで健康診断を受けたことがなかったらしいのですが初めて受けた健康診断で不整脈があると診断されました。

心房細動が原因の不整脈。

心房細動って、心臓がドックンドックンと力強く収縮しないで、細かくプルプル震えているんですって。
だから血液の流れが滞りやすくって、血栓ができやすいんですって。
脳梗塞や心筋梗塞で倒れやすくなるんですって。

うちは母が倒れたら一人っ子の私しか面倒をみる人がいない。
母の介護をしつつ生活費を稼ぐなんてたぶんできない。
近くには頼れる親戚もいないし、正直、すごくすごく困る。

なので私はお医者が勧めてくれた手術を受けて欲しいと思っていた。

でも母は心臓が悪いといわれても動悸が激しくなったことも痛くなったこともなく、全くの無自覚だったから手術には抵抗があったみたい。
なので二年ぐらいかなぁ、薬でごまかしていたんです。

ワーファリン
血栓を出来にくくする薬で、血が固まりにくくなる。

ウィキペディアには妊婦以外の副作用が書いていないけど・・・
母は内出血がひどくなったんです。
朝起きると腕とか足とかに巨大な青あざができてるの、ぶつけてもいないのに。
もともと加齢によるものが見られたんだけど、頻度がすごかった。
白眼が真っ赤でモンスターみたいになったりね。

ある日、母が自宅で転んだんです。
ドジっ子だからね、あの人。

頭を打ったので念のために病院に行った時に言ったみたい。
その時に検査して、脳内は出血していないみたいですって言われたらしい。

そうか・・・目に見える部分だけじゃなく、見えない部分からも出血しやすいんだ・・・
頭売ったら、頭ん中でじわじわ出血してもおかしくないんだな・・・

母も私もすごく怖くなりました。
それをきっかけに手術を受けることにしたんです。

カテーテルアブレーションって言うんです。
股関節のところからカテーテルを入れて心臓まで到達。
その後レーザーで不正な電気信号を受けている部分を焼き切るんです。
心房だか心室だかに小さいですけど穴をあけるんですけどね。

カテーテルを入れるときだか抜くときだかにナントカなっちゃった人が何人とか。
術後に感染症になっちゃった人が何人とか。
正直よくわからん。
確率論で行けばまず間違いなく元気に退院できる。

と思っていました。
入院するまでは。

同じ病室に数ヶ月前に同じ病気で同じ手術を受けた患者さんがいたんです。
その方に話を聞いたら、手術中に心停止して、ペースメーカーを埋められて帰ってきたんですって。
今回の入院はそのペースメーカーの調子が悪くて入院したとか。

・・・そんな患者がいたなんで聞いてないよ。
そりゃ生きてるけど。
他の病気になってないみたいだけど。
でも心停止って・・・

今更いやだから帰るなんて段階じゃないし。

怖かった。
死んじゃったらどうしようと思った。
なんで今教えてくれるんだろう。
違う病室だったらよかったのに。

私が入院した時はだれが洗濯物持ってきてくれるのかななんて思ったり。
連鎖的にかなり気持ちが落ち込んだ。

結果的には、手術は無事終わって、ペースメーカーは埋められませんでした。
母は生きて元気でいます。
術後、動機やめまいが激しかった時期があって「こんな思いするんなら手術しなきゃよかったよ」って言われた時はつからったけど。
私のエゴで手術させてしまったような気がして。

先週からワーファリンをやめて様子を見ています。
お薬を飲まなくても良くなった日は、納豆巻きで手巻きパーティーにしました。
(ワーファリンは青汁や納豆禁止なので)

この先も薬から切れるかどうかの結果はもう少し先になりますが、ちょっとひと段落です。
スポンサーサイト
コメント

ああ、お母様、そんな手術を受けられたんだ。
お母様もびたさんも、どんなにか不安で心細かったですね。
無事に手術が成功してよかった。本当によかったよぉ。

うちの母は若いころから不整脈があり、一昨年、心房細動からくる不整脈だと診断されました。
寝たきり状態で安静にしているのに、夜中にロレツが回らなくなり、
救急車を呼んで病院に行ったら小脳梗塞を起こしていたんです。
幸い発見が早くて大事には至りませんでしたが・・・
心房細動には、そんなリスクもあるんですよ。
母はもう90歳を越して手術には耐えられないので、
一生ワーファリンが手放せないし、納豆も食べられません。
認知症が進んで妄想の世界に突入し、時にひどい被害妄想を起こして興奮することがあるので、
再度の脳梗塞を起こしたりしないかと私はひやひやすることがあります。

お母様、手術から2か月たって、述語の経過は順調なんですね。
本当によかったです。
「ちょっとひと段落」と言える状態が、ずっと続きますように。

びたさん、おはようございます。
たいへんなことでしたね。
お母さん落ち着かれているようで良かったです。

うちの義父も昨年カテーテル手術を受けました。
六人部屋に入院しましたが、全員同じ手術の方でした
隣の部屋も同じ方々でした。

胸が痛いという自覚症状があったので念のため
調べて血管に異常があることが分かったそうです。
お陰様でいまは気楽に畑仕事をしています。88歳です。

術後のフォローさえしっかりすれば・・・というか
手遅れにならないように気を付けてあげて下さいね。
とはいえ、びたさんお勤めだし心配ですね、お仕事中も
携帯でメール交換ができると安心かな〜





ぽーさん、見つけました〜♪お久しぶりです。
ぽーさんの母君も心臓を悪くされてご苦労されているんですね。
どうかご自分も含めてお大事にしてくださいね。

そうそう
かつてのHMはえんてつというHNでブログ書いています。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 Blog-VITA all rights reserved.Powered by FC2ブログ
[template by hiroji]